放射能汚染に負けない!

 
 
 
きむら指圧俱楽部
指圧講座
指圧治療
経絡体操講座
瞑想講座
洗心塾講座
オススメ健康情報
講座用DVD
所在地の地図
問い合わせ
e・メール
相互リンク
Column(コラム)



『指圧』増永静人著
『指圧』

『経絡と指圧』増永静人著
『経絡と指圧』

『指圧療法』増永静人著
『指圧療法』 

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】
よもぎ乳酸菌液
【蓬龍宝・ホウロンポウ】

(19)放射能汚染に負けない!


fフクイチ原発事故による放射性物質の漏洩
フクシマ原発のプルーム(放射能雲)の大半が太平洋の彼方へ飛び去ってゆく・・・

 今更、何を言っても「遅かれし由良之助」で、もうどうしようもない程の状態になっているのが、フクイチ原発事故による放射能汚染物質の漏洩問題です。

既に事故が発生依頼、6年半以上が経過して日本全土が放射性汚染物質に覆われており、どこにも逃げ場がない状況です。フクイチ原発事故以後、直ぐに日本を脱出した人々も結構いるようですが、大半の日本人は未だに汚染列島に住み続けています。

日本政府や東電などの原子力マフィアは、この放射性汚染物質の垂れ流しや、それに関連する人々の病気や死亡などに付いて、一切を報じていませんので、国民の大半は何も無かったの如く無知、蒙昧に過ごしています。

都市部の葬儀場などは死亡者が多いために、直ぐに火葬が行えない状態になっていたり、鉄道関係では方々で人身事故が多発したり、道端で倒れる人が増えたり、脳梗塞や脳溢血や、白血病などのガンで亡くなる方が急増しているにも拘らず、他人事のように毎日を過ごしている人々が多いことに驚かされます。



こうした厳しい現実があるにも拘らず、政府は一切、フクイチ原発事故の収束を図る手立てを立てていません。国民の生命を全く蔑ろにしていると言っても過言ではありません。

政府の狗(イヌ)と化したマスメディアも、この日本の喫緊の危機を報じることなく、国民の目を欺くために、東京オリンピック関連や築地市場移転に係るスキャンダルを誇大に報道したり、アメリカ大統領選挙や韓国大統領の不正疑惑など、他国の状況を連日飽きもせず報道しています。

これほど、海外のことを詳しく報道する力があるのなら、何故、日本の置かれている最大の問題を取り上げないのか、不思議でなりません。やはり、国民側に目を向けるよりも、為政者のイヌとなっていいる方が楽なのでしょう。

もうこうなったら、国民の一人一人が現実の厳しさを良く認識して、自らの命は自らの手で守るという強い決意が必要です。そのためには、とにかく放射能に負けないように自己免疫力を高める他ありません



さて、この絶望的な日本の状況をフクイチ原発事故以来、ずっと見てこられ、折々に素晴らしい提案をされてこられた、飯山一郎氏は今回、「放射能禍を救うのは乳酸菌と森と風と雨・・・」と出した記事を、ご自分の『放知技』に掲げておられます。

日本人が今後、放射能汚染から生き延びるための知恵を授けてくださっているように思います。どうか、こうした貴重なご意見を参考にされ、多くの方が健康で生き延びて頂きたいと願っています。


ーー引用はここからーー

日本全土に核燃料の超微粒子(ホットパーティクル,HP)が降り注いだ。HPの7割は太平洋の彼方に飛んで行った。残り3割のうちの14%は日本の平野部に降り注いだ。

5年半もの間,平野部に住み続けて,HPを肺に吸い続けてきた人間が早死にすることは間違いない。しかし今後,森のなかに住めば,HPの大半が樹々の葉に付着して無害化されるし,人間の体細胞が修復されて助かる可能性は高い。

大変な多病多死社会なのに、表面化しない。

先日,大阪→京都→名古屋に行ったが,どこも人影が薄く,「日本人がいない!」という実感。

高性能の火葬設備が3年以上もフル回転してきたのだから,日本人がいなくなるのは当然だ。

しかし,それでも,わが祖国、日本は助かる!

その理由を↓挙げてみよう。

先ず,日本全土の8割を占める森の存在。次に,『ミニ太陽(デブリ)』の沈没。(記事) そして,「天の配財、神の配慮」がある。これは大雨と偏西風のことだ。大雨がHPを洗い流し,偏西風がHPを太平洋の彼方へ吹き飛ばしてくれる。(記事)

だっから↑何があっても,『放射能ゼロ空間』をつくって,そこに寝そべっていればE~!(記事) 絶対に逃げてはダメだ!(記事)

上に書いたことは,『わが祖国、日本は助かる!』というサイトで克明に説明しておいた。熟読あらんことを!>皆の衆 ↑

飯山 一郎(70)

ーー引用はここまでーー



さて、飯山氏の記事の中で、「そして,「天の配財、神の配慮」がある。これは大雨と偏西風のことだ。大雨がHPを洗い流し,偏西風がHPを太平洋の彼方へ吹き飛ばしてくれる。」とありますが、これは正に日本列島に襲来する台風のことだと思います。

日本人の多くは台風や豪雨と言うと直ぐに、その甚大な被害のことだけを取り上げ、台風や豪雨を自然災害として忌み嫌っています。が、それは表面的な現象しか見ないからでしょう。

日本列島に、これほど森林が繁茂しているのも全ては台風がもたらす大雨のお陰です。また、強風が吹くことで日本に溜まっている邪気(放射能汚染物質も含む)を吹き飛ばしてくれています。

今年は、とりわけ台風や豪雨が多く、甚大な被害を受けた所も多々ありましたが、大きな目で見れば、それらh日本列島から放射能汚染物質を除去するための、大きなる仕組みであったと推察できます。

如何に私たちが、自然環境の恵みによって生かされているかが分かります。飯山氏のご指摘のように、私たちは自然の摂理によって生かされていることを自覚し、今後は台風による大雨や強風などを生活の中に活かしていけるような知恵を出していかねばなりません。

例えば、台風によるとてつもない強風を風力発電に利用するとか(既にこれに取り組んでいる企業もあるようです)、豪雨による大量の雨水を飲料水や生活用水に利用する、などの方策を考えることが大事だと思います。


<コラムのトップページに戻る>

 

=>指圧治療の申し込みはこちらから!




東京都八王子市千人町3-10-5 メゾン・アトレ403
☎ 042-673-7815   shiatsuk@trade.gmobb.jp
このサイトはリンクフリーです。 Copyright(C) きむら指圧俱楽部 All Rights Reserved 
(Web管理者:きむらすすむ)