地球の天位転換が
加速している!

 
 
 
きむら指圧俱楽部
指圧講座
指圧治療
経絡体操講座
瞑想講座
洗心塾講座
オススメ健康情報
講座用DVD
所在地の地図
問い合わせ
e・メール
相互リンク
Column(コラム)



『指圧』増永静人著
『指圧』

『経絡と指圧』増永静人著
『経絡と指圧』

『指圧療法』増永静人著
『指圧療法』 

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】
よもぎ乳酸菌液
【蓬龍宝・ホウロンポウ】

(20)地球の天位転換が加速している!

天の川銀河 Milakey Way
「Happening Star」より)
 

今更言うまでもないことですが、日本のマスメデイアは国民の目を誤魔化すような報道しかしていません。本来、国民が知らなければならいような重要な情報は一切報じず、どうでもいいようなクダラナイ物を垂れ流しています。

その所為かどうかは知りませんが、国民の方も未だに、テレビやマスメデイア情報を鵜呑みにする人々が多く、今、地球上でどんな変化が起きているのか、地球がどこに向かって進んでいるかなど、一切、気にしていないようです。

それどころか、テレビやマスメデイアが操っている政治家や芸能人、スポーツ選手などのスキャンダルを好奇心の目を以って毎日、視聴している人々で溢れています。完全にマインドコントロールされている感じがします。


さて、現在、地球上の殆どの国々が毎日のように、あらゆる天変地変(日本では殆ど報じられていない)に見舞われています。勿論、日本でもフクイチ原発事故による放射能汚染物資が垂れ流しのままという大惨事に見舞われています。

このフクイチ原発事故による放射能汚染物資が垂れ流しの様子は、日本では完全に封印されて国民に実態が知らされていませんが、海外では常識としてその危険性が報じ続けられています。

それはともかくとして、地球規模の一大天変地変は今後も益々、その勢いを増し、それこそ地球の地形が全く違ったものになってしまう程の大崩壊が予見されています。

それは正に、地球が誕生した頃と同じような地球全体の造山・造陸運動と同じような大規模なもので、もう人間が住んではおれないほどの想像を絶する規模のものになりそうです。



まあ、こんなことを申し上げても、そんな馬鹿なと無視したり、嘲笑して全く受け付けない方が多いことと思います。何時も申し上げているように、そうした方々に無理に分かって貰うために申し上げているのではありませんので、何の問題もありません。

さて、では現在の地球がどのような立場におかれているのかに付いて、簡単に述べておきたいと思います。

毎々、地球の波動が高まっているとお話しておりますが、それは宇宙の法則の基に、地球が宇宙の中での位置が上昇する時期(地球の天位・転換)に来ていることを表しています。

では何故、地球の位置が上昇することになっているのかと言いますと、基本的に宇宙に存在する全ての星々は、ある時期が来るとその星の生命の進化促進が図られるように仕組まれているからです。



例えば、地球の場合には生命が発生してから1億年毎と、人類が生まれてから1千万年毎に生命進化促進のための高い波動(光)が太陽(太陽系の中の親星としての存在)から地球に送られるようになっています。

未だに地球科学では、太陽は真っ赤に燃える熱球のような捉え方をされており、太陽は中心の温度が1500万℃、表面温度が6000℃の巨大なガス球である、と表現されています。

その高温の熱エネルギーが太陽系全体の惑星に注がれているということなのでしょうが、私にはそのように考えることはできません。

私は科学的なことは全くダメですので科学的に説明はできませんが、太陽の存在はそのようなものではない、ということは理解しています。

上記の記述で指摘したように、太陽から送られて来ているのは「生命進化促進のエネルギー」という波動(光)そのものです。



ご存知のように、地球は「天の川銀河」の中にある、太陽系の一つの惑星です。銀河の中には、太陽系のような小さな系(12の惑星からなる集団)があり、更にその系が12集まって中程度の系を形成し、それが更に12集まって大きな系を形造り、それらが更に大きな系となったものが一つの銀河系を形成しているわけです。

地球の天体望遠鏡で観測可能な銀河だけでも、少なくとも1700億個はあると言われています。これが全てではありません。地球から観測出来ない銀河が一体どれぐらいあるのか、まさに雲を掴むような状況です。

それはともかく、その一つの銀河の中心からは先ず、大きな系に向けて、その系の生命進化促進のためのエネルギーが送られています。

そして、その大きな系からは次に中程度の系に向けて、その系の程度に合うように調整された生命進化の波動(エネルギー)が送られます。

その後、今度は太陽系のような小さい系に向けて、その程度に合うように調整された生命エネルギーが送られているわけです。



そのように銀河の中心から発せられた生命進化促進の波動が次々に送られてきて、遂には太陽系にも届き、太陽自身の波動の高まりが始まり、その波動が各惑星の程度に応じて調整されて、各惑星の生命進化促進のエネルギーとして送られてくるわけです。

それが今回は、1960年から始まったと言われています。特に今回は、1億年毎の波動の修正と1千万年毎の波動の修正時期が重なるという未曾有の時期になったそうです。

何故このような波動の修正が行われるのかといいますと、それぞれの星々に棲む人類がより一層進化して、「永遠の至福」に至れるようになるために、宇宙創造主の大愛としての法則が働いているからです。

但し、幾ら地球自体の波動が高まるといいましても、肝腎なのはそこに棲む地球人類の意識の在り方です。旧来のように物質文明が全てと思い、弱肉強食的な生活や生き方をしている限り、地球の波動の高まりに着いて行けなくなり、やがては地球に住めなくなります。



極端なことを言うようですが、これからは、これまでのような地球学的な価値観や常識を持ち続けている方の大半は波動の高まった地球には住めないことは確実です。新生の地球に住める資格のある方は、ほんの僅かだと言われています。

ですから、波動の高まった地球に住みたければ、今すぐ、「自己愛」ではなく「利他愛」で生きるしかありません。自分自身の心を浄め、皆と仲良く、楽しく、明るく、助け合って生きて行くことが第一条件になっています。

大事なことは、自分一人の想いが地球全土に波及するほどの影響力があることを認識することです。悪想念(マイナスエネルギー)を出せば、それが地球全体に悪影響を与えるわけです。逆に善想念を出せば、地球全体に良い影響を与えることになります。



最早、これまでのような人間が勝手に考え出した資本主義とか共産主義などの主義主張で生き残ることはできません。それらを全て捨て切って、完全に意識を転換しないとダメだということです。

これからは日々、一層波動が高まるごとに、わたし達が目にすることは、とても信じられないというような、あらゆる現象の破壊が頻発するということです。

これは決して、神が人類を処罰するというようなものではありません。先程来申し上げているように、地球の天位が昇格する時期になると、先ずは、これまで人類が積み重ねてきた想像を絶するほどの膨大な業想念・悪想念を解消しなければなりません。

業想念・悪想念というマイナス想念は、何事も破壊せずにはおかないほどの巨大なエネルギーです。そのために地球に送られてきている太陽からの精妙な波動(光のエネルギー)と波長が合わず、それが大きな歪みとなって、地球上の現象の破壊として現れるわけです。



従って、こうした破壊現象は、地球全体を洗い清めて、禊が行われていると言えます。何事も「因果応報」であり、宇宙の法則は峻厳に働いていて、一寸の狂いもありません。

とにかく、わたし達がやってきたことは、わたし達でそのツケを払っていくしかありません。それが地球全体に亘る現象の破壊という形で現れており、更にその度合を強めて、禊を早めていくことになります。

ですから、これからは日々、自分を信じて、目の前に現れる色んな現象に執われないで、常に自分の心を見つめ直し、マイナス想念を持たないように、明るく楽しく、皆と仲良く暮らして行く以外にはありません。

そして何事も良しとして、自分の心(インナーセルフ)に問いながら、感じたまま(直感を信じて)に生きて行くことが大切です。


<コラムのトップページに戻る>

 

=>指圧講座の申し込みはこちらから!




東京都八王子市千人町3-10-5 メゾン・アトレ403
☎ 042-673-7815   shiatsuk@trade.gmobb.jp
このサイトはリンクフリーです。 Copyright(C) きむら指圧俱楽部 All Rights Reserved 
(Web管理者:きむらすすむ)