チャクラとは何か?

 
 
 
きむら指圧俱楽部
指圧講座
指圧治療
経絡体操講座
瞑想講座
洗心塾講座
オススメ健康情報
講座用DVD
所在地の地図
問い合わせ
e・メール
相互リンク
Column(コラム)



『指圧』増永静人著
『指圧』

『経絡と指圧』増永静人著
『経絡と指圧』

『指圧療法』増永静人著
『指圧療法』 

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】
よもぎ乳酸菌液
【蓬龍宝・ホウロンポウ】

(58) チャクラとは何か?


チャクラ

最近、ヨガ(ヨーガ)を習ったり、日常生活に取り入れている若い方が増えているようです。その主な目的が美容(ダイエット)や健康のためという方が大半で、ホーズのやり方を習う方が多いようです。

そうした傾向に目ざとい連中が、ヨガ教室なるものを方々に作り、さながらヨガブームを演出しているようです。オカシナもので、このヨガの流行には波があり、一定の期間が過ぎると廃れて、また何時の日にか人気に火がつくことを繰り返しています。

中には、もっとスピリチュアル面を追求して、本格的なヨガ修行を志しておられる方もあります。私の知人の何人かは、ヨガのインストラクターとしてヨガの指導に当たったり、インドに出かけて本場のヨガ体験をしている方もあります。

私自身は若い頃、精神性の向上を目指して、ヨガを独習したことがあります。今、巷って流行っているハタヨガ(ポーズを中心に、身体を柔軟にする運動法)が中心で、それすら十分に極めない内に止めてしまいました。



ところで、ヨガの世界では、「チャクラ」と言う言葉がよく使われます。チャクラは、サンスクリットで「車輪・円」を意味する言葉です。

ヒンドゥー教のヨガでは、人体の頭部、胸部、腹部で、輪または回転する車輪のように光っているように感じられる箇所を言っています。

チャクラの数は、6または7箇所と言われていますが、それとは別に8箇所あるという説もあるそうです。が、一定ではないようです。



ヨガでは「チャクラ」の位置を下記のように表しています。

1.ムーラーダーラ・チャクラ:会陰部(肛門と生殖器の間)に位置して、生命の根源力、現実への対応能力、肉体的な活動、自制心、性的能力などの性質を持っているとされています。

2.スヴァーディシュターナ・チャクラ:生殖器官の上(陰部)に位置し、性、忍耐力、感情表現、創造性、好き嫌いなどの性質を持っているそうです。

3.マニプーラ・チャクラ:腹部(臍)に位置し、創造性、感動、達成感、自尊心、グループ意識、知性、陽気などの性質があるとされています。

4.アナーハタ・チャクラ:胸の中心に位置し、直感、コミュニケーション、受容性、社会性、愛情表現などの性質を持っているそうです。

5.ヴィシュダ・チャクラ:喉に位置し、表現力や理解力、思考や感情を言葉にするのを助け、コミュニケーション、創造性、無垢などの性質があるとされています。

6.アージュニャー・チャクラ:眉間に位置し、芸術、洞察力、意志、直観力などの性質を持っているとされています。インド人は、ここにビンディをつけるのはご存知の通りです。

7.サハスラーラ・チャクラ:頭頂部に位置し、王冠チャクラとも呼ばれ、直感、自由意志、宇宙的意識などの性質を持っているとされています。



しかし、チャクラとはそもそも何かと言うことですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の記述では、「チャクラは脊椎に関連するエーテル体にあるエネルギー・センター(渦)で、肉体の7つの内分泌腺及びメンタル体、アストラル体、肉体の調整と活性化を司り、意識の中枢と各身体の中継点としての役割をはたしている」と表現されています。

これだけでは何のことは良く分かりませんね。更に次のようにも言われています。

「本来のチャクラは神経叢と脊髄のチャクラであり、神経叢のチャクラは、身体の交感神経系を支配するナディーと関連し、身体の運動的な活動を司っている。

一方、脊髄のチャクラは、身体の副交感神経系を支配するナディーと関連し、精神的な活動を司っている。神経叢のチャクラと脊髄のチャクラは対になっており、意識の拡大の過程を通じて、下位のチャクラから順に覚醒していく」



一般には、チャクラの役割として下記のようなことが挙げられています。

1.「気」や「プラーナ」と呼ばれるエネルギーの分配
2.肉体の活力や生命力に影響を与える
3.感情や精神に影響を及ぼす
4.ホルモンを分泌する内分泌系に影響を与える
5.汗や消化液などを分泌する外分泌系に影響を与える



このチャクラも経絡と同じように肉眼では見えない存在です。その為に、人によってそのとらえ方も違う所があり、一般の人々には理解が難しい所があります。

特にヨガ関係者などがやたらと、チャクラがどうのこうのとか、チャクラを鑑定すると言って宣伝しているのを見かけますが、どうなんでしょうねぇ・・・?

チャクラの活性化が悪いと病気になったりすると言いますが、では何故、チャクラの活性が悪くなったのか、その真の原因を解明していないようです。

私はチャクラの存在を否定しているわけではありませんが、そうしたことに執われてはいけないと考えています。そうしたことを自分の心(魂)を磨く上で旨く利用して行くことが大切だと考えます。



次に、ヨーガの世界でよく言われる、「クンダリーニ」と言う言葉について考えてみたいと思います。

クンダリーニとは、悟りを得るために必要な宇宙的根源力のことだと言われています。クンダリニーの活性化を念頭においたヨーガは、クンダリーニヨガと呼ばれています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の記述によりますと、クンダリーニは、「普段は尾てい骨付近のムーラーダーラチャクラに眠っているが、ヨーガの実践や宗教の各種修行によって活性化し始め、生涯をかけ各チャクラを開花させグランティ(=結節。ブラフマー結節、ヴィシュヌ結節、ルドラ結節の3種類がある)を破壊し、最終的には頭頂のサハスラーラを押し開け解脱に至る」と記されています。



先ほど言いましたが、ヨガでは、このクンダリーニの活性化を目指しているわけですが、そこに大きな落とし穴があります。

クンダリーニ
「彌栄の会」より

私は詳しいことを知りませんので、ヨガ専門の言葉を使っての説明はできませんが、何とかクンダリーニを活性したいと言う「我欲」が強い場合、予期せぬ症状に苦しめられると言うことなんです。

例えば、神経系統のショート現象が起こり、全身の激しい脈動、極度の疲労困憊や精神錯乱、重度の鬱症状、知覚過敏、最悪のケースでは脳溢血や自殺などを招いてしまうことがあるそうです。



実際、こうしたケースはあるようで、私が聞いた話でも、このクンダリーニヨガでクンダリーニの活性化を一所懸命にやっていた若者が気が狂ってしまったと言うことでした。

また、クンダリーニヨーガを実践するつもりでなくても、早く悟りたいと言うような「我欲」が強かったり、あるいは神(この場合、宗教的な神でなく、宇宙根源の存在)への絶対信に欠ける修行をしますと、上記のような現象が起こる場合があるとされています。

こうしたことを避けるために、クンダリーニヨガの実践者は菜食をして、刺激物の摂取を避け、過食、不規則な食事、否定的な態度を避けるべきである、とされています。



最近、このヨガだけでなく、スピリチュアルを謳い文句にして、簡単に超能力が得られるとか、悟りを得られるような安易なことを言っている者達がいますが、そうした美辞麗句に引っ掛からないようにすることが大切です。

何か特別なことをすることで悟りを開こうとすることは間違いです。日常生活の中で、全てのことに感謝をして、人に喜んでもらう生き方に徹して行くように努力することで、望まなくても幸せになって行くのが宇宙の法則です。

全ての人は神の子であり、本来、正しい意味での超能力を備えています。しかし、この三次元世界(物質世界)のみが全てと思い、物欲をほしいままにして来た為に、その超能力を失っています。

それを取り戻す為には、上記のようなヨガの修行をするよりも、自分が出している悪想念、マイナスの心を出さないように努力して行くこそが大切です。

それと同時に、宇宙の法則である、「因果の理法(原因結果の法則)」を確りと自覚する必要があります。とにかく、ヨガの修行も結構ですが、先ずは自らの心の在り方を真剣に点検して行くことが、何より大切なことだと考えます。



Full Chakra Healing








<コラムのトップページに戻る>        <コロム(2)ページに戻る>

 

=>指圧治療の申し込みはこちらから!




東京都八王子市千人町3-10-5 メゾン・アトレ403
☎ 042-673-7815   shiatsuk@trade.gmobb.jp
このサイトはリンクフリーです。 Copyright(C) きむら指圧俱楽部 All Rights Reserved 
(Web管理者:きむらすすむ)