サヴァン症候群

 
 
 
きむら指圧俱楽部
指圧講座
指圧治療
経絡体操講座
瞑想講座
洗心塾講座
オススメ健康情報
講座用DVD
所在地の地図
問い合わせ
e・メール
相互リンク
Column(コラム)



『指圧』増永静人著
『指圧』

『経絡と指圧』増永静人著
『経絡と指圧』

『指圧療法』増永静人著
『指圧療法』 

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】
よもぎ乳酸菌液
【蓬龍宝・ホウロンポウ】

(62) サヴァン症候群

Rain Man Official Trailer



あなたは、「サヴァン症候群」(サヴァンしょうこうぐん、savant syndrome)という言葉をご存知ですか。私は、全くしりませんでした。

ウィキペディアでは、サヴァン症候群とは「知的障害や発達障害などのある者のうち、ごく特定の分野に限って優れた能力を発揮する者の症状を指す」とされています。

この症状を持つ男性のことを映画にしたのが、冒頭の動画『Rain Man』(サヴァン症候群の様子が比較的忠実に描写されている)でした。私はこの映画は見ていませんが、主演の男性が有名俳優でしたので、その話題は知っていました。



このサヴァン症候群の原因には色々あるようで、特定はされていないようです。と言うのも、症例により、各々メカニズムが異なり、同じ症例は二つとないとも言われていますので・・・。

中では、脳の器質にその原因があるとする論が有力なようですが、自閉性障害のある方が持つ特異な認知をその原因に求める説もあるそうです。

勿論、コミュニケーション障害や自閉性障害のある方の全てがこのような能力を持っているわけではありません。自閉症と同様、男女比は男性が女性の数倍もあるそうです。

広い意味では、障害にもかかわらず、ある分野で他の分野より優れた(健常者と比較して並外れているわけではない)能力を持つ人も含めることもあるようです。

また、いわゆる天才や偉人の多くは円満な人格者ではなく、中には日常生活に支障が出るほどの人、時にコミュニケーション障害や自閉性障害に近いほどの人もいるわけですが、それがさらに極端になって「紙一重」を超えてしまったのが、サヴァン症候群だという見方もあるそうです。



例えば、その能力の例として下記のようなことが挙げられています。

1.ランダムな年月日の曜日を言える(カレンダー計算)。ただし通常の計算は、1桁の掛け算でも出来ない場合がある。
2.航空写真を少し見ただけで、細部にわたるまで描き起こすことができる(映像記憶)。
3.書籍や電話帳、円周率、周期表などを暗唱できる。内容の理解を伴わないまま暗唱できる例もある。
4.並外れた暗算をすることができる。
5.音楽を一度聞いただけで再現できる。
6.日常生活が不都合なのに、語学の天才で数カ国語を自由に操る。

この他にも様々な能力(特に記憶に関するもの)がみられるのですが、対象物が変わると全く出来なくなってしまうケース(航空写真なら描き起こすことができるが、風景だとできない、など)があるそうです。



さて、話は数年前になりますが、高機能自閉症であり、サヴァン症候群である、米・カリフォルニア州に住む5歳の男の子ラムセス・サングイーノ君のことが大変に話題になったことがありました。


"Telepathic” Genius Child Tested By Scientist


実は、彼は特別な能力を持っているのです。上の母親が投稿した動画では、彼が明らかに、母親の心を読み、知るはずのない数字をすらすら暗唱している姿、が映し出されています。

この得意な才能を持つ、ラムセス君について、科学者が興味を抱き、現在、彼の持つ能力の研究が進められているそうです。そのあたりのことに付いて、「カラパイア」では、『テレパシーを持つ5歳の少年に科学者たちがざわつく』と題した下記のような記事を掲載しています。


ーー引用はここからーー

ラムセス君は高機能自閉症であり、サヴァン症候群である。見えない場所に書かれた数字を38まで言い当てることができる。母親のニュクス・サングイーノさんは、撮影したビデオにはなんのトリックもなく、ラムセス君は生まれたときから特殊だったと言う。

ラムセス君が生まれる前から、世界を変えるような特別な人物になるような気がしたとニュクスさんは語る。ラムセス君は赤ちゃんの時、おもちゃには興味を示さず、12ヶ月で読書を始めた。英語、スペイン語、ギリシャ語、いくつかの日本語までしゃべることができ、18ヶ月で英語とスペイン語で九九ができて、元素の周期表や原子番号を覚えたという。

こうしたことは、多くの天才児の特徴のようだが、ラムセス君が異なるのは、いつどうやって彼がこうしたことを覚えたのか、まるで説明がつかないことだという。

「確かにいくつかの言語は教えましたけど、どうやって3歳までにラムセスがヒンドゥー語やアラビア語やヘブライ語を覚えたのか、まったくわかりません。たぶん、しょっちゅうつけっぱなしにしてあったパソコンで覚えたのかもしれませんが」


ラムセス君の特殊な脳力は、多くの研究者を惹きつけた。そのうちのひとりが、神経科学者ドクター・ダイアナ・パウエル博士だ。元ハーバード医大の教授で、現在はオレゴン州メドフォードで、独自の研究を行っているパウエル博士は、テレパシー研究の一部として、ラムセス君を調べている。

テレパシーが実際に存在するのか、科学的な証拠はまだないが、正しく理解すれば、自閉症の子どもとその両親の新たなコミュニケーション方法となるかもしれないとパウエルは信じている。

「第一原語がうまく使えなかったら、それはテレパシーにとって完璧な段取りになるかもしれません。自閉症の子供たちの多くがテレパシー能力を持つ例を見てきました。

実際に自分の目で見て、厳しく管理された状況下でそれを試験し、評価できるのかどうか、確かめたかったのです。科学的に受け入れられてきたほかの多くのことと同様、わたしはテレパシーの存在を確信しています。なんでも100%とは言えないけれど、証拠を見てきましたから」とパウエル博士は言う。


博士は、ラムセス君に関する研究が自分の医者や科学者としての信用を危うくするかもしれないことは認めているが、ラムセス君の能力を目の当たりにして、確信を持って研究を続けている。

乱数発生器を使って、母親のニュクスさんにいくつか数字を書き出してもらい、それを心で思ってもらう。それからラムセス君に母親の心を読ませると、すべての数字を見事に当てたのだ。

また別の実験では、見えない所にある数字(二桁の数字を含む)の17のうち16を正しく言い当てることができたという。「ラムセス君と実験を始めて、びっくりしました」母親の心を読む息子の能力について、ニュクスさんは語る。

「わたしたちの間にとても強い絆があることは確かで、これがあの子の能力となにか関係があるのかもしれませんが、想像以上のことで、どう説明していいのかわかりません。パウエル博士なら、なんらかの答えを見つけてくれるでしょう」


ラムセス君は5歳児としてはとても頭がよく、それが母親にとって誇りでもあり、心配の種でもある。ニュクスさんはラムセス君にふさわしい学校があるのかどうか心配している。

ラムセス君はすでに基本的な代数の問題を解くことができ、学校で先生の間違いを正して物議をかもしている。学校へ入れてみたはいいけれど、悪夢のようだとニュクスさんは言う。

なにしろ、本を読みことができるのはクラスでラムセス君ひとりなのだ。最初は先生もラムセス君のことを小さな教授と呼んでかわいがっていたが、ラムセス君が先生のスペルの間違いや計算ミスを訂正するようになると、ほかの生徒たちから孤立させるようになった。ニュクスさんは学校をやめさせて、ラムセス君を家に戻さなくてはならなかったという。


現在は、ニュクスさんが家でラムセス君に勉強を教えているが、ラムセス君のものの考え方はたいてい人に理解してもらえない。ラムセス君は数にとりつかれたようになっていて、家でも本でも手紙でも、あらゆるものを数え、数え終わるまで動こうとしないだという。

一緒に遊んでいる子どもに算数の問題を出すので、友だちもなかなかできない。ラムセス君がひとりぼっちになってしまうのではないかとニュクスさんは心配している。

パウエル博士は、自分の研究がいずれ、才能ある自閉症児のための特殊な学校を始める支援の役割と果たすことを期待している。ニュクスさんもまた、いつか息子が世界をより良く変えるためにその能力を活用できるようになって欲しいと願っている。

「いつか、ラムセス君がガン治療など人の役に立つことを成し遂げてくれたらいいと思っています。あの子はそれほど頭がいいのです。ときどきそら恐ろしくなるほど」

ーー引用はここまでーー


Five years old Savant Genius - The Smartest kid on planet-Chinese teacher-







<コラムのトップページに戻る>        <コロム(2)ページに戻る>

 

=>指圧治療の申し込みはこちらから!




東京都八王子市千人町3-10-5 メゾン・アトレ403
☎ 042-673-7815   shiatsuk@trade.gmobb.jp
このサイトはリンクフリーです。 Copyright(C) きむら指圧俱楽部 All Rights Reserved 
(Web管理者:きむらすすむ)