末期がんでも平均10日で体力を増強、過酷な三大治療を完遂してガンから生還した秘密の方法【全額返金制度あり】 

地球の一大転換期と優良星界

 
 
きむら指圧俱楽部
指圧講座
指圧治療
経絡体操講座
瞑想講座
洗心塾講座
オススメ健康情報
講座用DVD
所在地の地図
問い合わせ
e・メール
相互リンク
Column(コラム)



『指圧』増永静人著
『指圧』

『経絡と指圧』増永静人著
『経絡と指圧』

『指圧療法』増永静人著
『指圧療法』 

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】
よもぎ乳酸菌液
【蓬龍宝・ホウロンポウ】

 (74) 地球の一大転換期と優良星界

 

日本のデレビやマスコミは、どうでもいいような番組やニュースを流したり、偏向報道や虚偽の報道を毎日繰り返しています。人々の意識を外に向けないように画策しているのでしょう。

ところが、現在の地球上では世界規模の天変地変異常気象が頻発しているだけでなく、あらゆる所で未曽有の現象が次々に起こり、正にルツボの中にいるような大変な状態になっています。

今までの常識や価値観では理解できないことが多発しているのですが、大多数の人々はそのことに気付かないのか、気付こうとしないのかは分かりませんが、過去のしがらみに執われた生き方をしているように見えます。

何故、このようなことになっているのかに付いて、明快に答えられる方は少ないかもしれません。スピリチュアル系のサイトなどでは盛んに次元上昇とか、アセンションなどという言葉が飛び交っていますが、果たしてどれほど理解されているのでしょうか・・・。

実は、この地球は宇宙の法則に則って、これまで私たちが体験したこともないほどの大転換期を迎えています。そのために太陽からの光も強まり、波動も急速に高まっています。

その波動の高まりと、これまでの地球の低い波動との差異(歪み)があまりにも大きいために、現在見るような色々な混沌とした現象が起こっているわけです。

この大転換に際して、人々がそれぞれに意識転換ができれば、より早く明るい未来が訪れますが、依然として旧来の生き方に拘泥していれば、その時期も遠のいたり、または新たな地球には住めない状況に陥ってしまいます。

私たちが知ろうが知るまいが、この地球の大転換は寸分の狂いもなく推し進められていきます。ですから、私たちもいち早く、自分の意識を高め、これまでの旧来の生き方を捨てて、明るい未来を指向していかねばなりません。

とは言え、未来の明るい社会はどのようなものかに付いては、なかなかイメージしにくいところもあります。幸い、先日、Facebook上で「次元上昇後の大胆予測」と題して、将来『無くなる仕事のリスト』なるものを掲載されていた方がありましたので、そのリストを下記に掲げておきます。

このようなことを参考にして、未来の明るい世界がどのようなものになるのかに付いて、自分なりに想像したり、想念していくことが大切だと思います。

 

ーー引用はここからーー

次元上昇後の大胆予測です! 無くなる仕事のリスト  2014年10月21日

運送業 (各自が物質を創造出来るようになる。空中走行車で物の運搬が可能になる。)

オイルに関係する産業 (オイルフリー社会が実現し、フリーエネルギーの世の中になるから。)

プラスチック産業 (オイルフリーの結果、その代わりに大麻が各種の材料の主体になる。)

発電業 (フリーエネルギーの普及の結果当然のこと。)

送電網 (同上)

銀行業 (通貨は使用されなくなる。)

証券業 (株式という概念は無くなる。)

電話産業 (テレパシーが通信の主役になる。)

老人ホーム (寿命が無限になる。)

病院、医者、看護師 (自己ヒーリングが主体になる。)

薬剤製造業 (同上)

健康保険業 (同上)

損害保険業 (システムがより完全になる。)

新聞、雑誌を含む出版業 (少なくとも広告が無くなるので収入源が無くなって消滅するものが出てくる。)

多くの製造業

食品加工業 (新鮮な食物しか摂取しなくなる。)

ショッピングモール (その代わりに物物交換センターが設置される。)

鉄道業

道路設置、補修業 (空中走行車の採用によって、道路がほとんど不要になるので大幅に縮減される。)

航空業 (同上)

兵器産業

地下鉄運送網

警備保障、警察業 (世の中が豊かになり、人が嘘をつかなくなり、犯罪がなくなるから。)

軍隊

宣伝、広告業 (利益を上げる事が目的でなくなり、大量の販売の必要性が無くなるから。)

経営コンサルティング業 (教育システムが充実するから。)

各種のコンサルティング業 (同上)

ヒーリングサロン

フットケア業

服飾産業 (各自が衣装を創造出来るようになるから。 少なくとも大幅に縮減される。)

予備校、塾、公文のような教育予備システム (学校がどうなるかは未知数だが、教育システムの充実によって大幅な縮減が予想される。)

ーー引用はここまでーー

まあ、上記で言われているようなことが一度に起きるわけではありませんが、人々の意識が高まるにつれて、それに関連するような仕事も大きく変わってくることは間違いありません。

SF小説や、映画などで描かれてきた近未来の世界の一部が現実になる時代に近付きつつあるのが、現在の地球です。但し、SF映画などで描かれているような、近未来でも戦争や争いをするようなことは絶対にありません。

では、そうれはどのような世界なのでしょうか。これまでの地球は人々の意識が低かった(我欲が強く自己中心的)ために宇宙の中の「不良星界」と呼ばれていましたが、今後、一層の波動の高まりと共に、人々の意識が高まれば(利他愛で生きる)、執われのない、明るい世界である「優良星界」に変わっていきます。

ご存知のように、未だに地球人の多くは、地球以外には人類がいないなどと、唯我独尊的な考え方に執着していますが、それこそが、不良星界と言われる所以です。

三次元世界の宇宙規模で見ても、それこそ天文学的な数の星々が満点に輝いているにも拘らず、どうして地球にしか人類が住んでいないなどと、馬鹿げたことが言えるのでしょうか。

それは地球人が目に見えるものしか信じられないという、視野狭窄に陥っているからです。それこれも全て、地球人の我欲の強さが原因になっています。

本来の宇宙と言われるものは、三次元の物質世界から七次元の世界までを含めたものをいいます。残念ながら、波動の低い地球人からは高い波動の世界の様子は理解できません。

ですから、地球の科学者が未だに、火星や金星は人類の住める状態にないなどと平気で言い募っているわけです。低い波動のまま高い波動の世界を知ろうとしても、それは無理な話です。

高い波動の世界を知ろうと思えば、自らの波動を高めていくしかありません。今こそ、私達がなさねばならぬことは、自分自身の波動を高めることです。優良星界という明るい世界に住むためには、それしかありません。

では、実際の優良星界と言われる世界はどんなところなのか。次回からそうした世界の様子を紹介して参ります。




<コラムのトップページに戻る>        <コロム(2)ページに戻る>

 

=>指圧治療の申し込みはこちらから!




東京都八王子市千人町3-10-5 メゾン・アトレ403
☎ 042-673-7815   shiatsuk@trade.gmobb.jp
このサイトはリンクフリーです。 Copyright(C) きむら指圧俱楽部 All Rights Reserved 
(Web管理者:きむらすすむ)