◆誰も教えてくれなかった、地味にコツコツな作業で
月収100万円を構築する有益な方法!

憑依現象と霊魂不滅

 
 
きむら指圧俱楽部
指圧講座
指圧治療
経絡体操講座
瞑想講座
洗心塾講座
オススメ健康情報
講座用DVD
所在地の地図
問い合わせ
e・メール
相互リンク
Column(コラム)



『指圧』増永静人著
『指圧』

『経絡と指圧』増永静人著
『経絡と指圧』

『指圧療法』増永静人著
『指圧療法』 

よもぎ乳酸菌液【蓬龍宝・ホウロンポウ】
よもぎ乳酸菌液
【蓬龍宝・ホウロンポウ】

 (98) 憑依現象と霊魂不滅

霊魂不滅


今回は以前に拝見したサイト、「カレードクコープ」の管理人氏が「東大の救急救命医が証言する憑依現象と霊魂不滅」と題して書かれた下記の内容について考えてみたいと思います。


ーー引用はここからーー

経験豊富な大学の救急救命医は、救急搬送されてくる病人や怪我人の中には、明らかに「憑依現象」が見て取れる人がいると言います。そうした現象を数多く見てくると、霊魂は死んだ後も存続すると確信せざせるを得ないとのこと。

ここのところ立て続けに痛ましい事故が起こってしまいました。日本のマスコミは、こうした痛ましい事故が起こるたびに、真の原因究明より、情緒的な報道に流れがちです。

そして、お悔やみの言葉を述べながら、結局は遺族のプライバシーにまで土足で踏み込むのです。

そして、専門家を出してきて、行動心理学や社会心理学の視点から強引な分析を行い、「二度とこうした不幸な事故が起こらないようにしなければならない」と紋切型の結論で終わりにするのです。

しかし、「二度と」どころか、三度も四度も起きてしまうのです。

この種の事故は、こうした21世紀の間違った学問をいくら駆使しても減らないでしょう。原因は見えない世界-「霊」の世界にあるからです。

霊の世界を認め、ときに「憑依」という現象によって患者の容体が急変したり、死亡するケースを説明する救急救命医がいます。

この医師は、大勢の生死の狭間にある患者を診てきた人ですが、そうした長年の経験から、「人には見える部分と見えない部分がある」ことを認めています。

救急搬送されてくる患者の中には、明らかに別人の霊に乗り移られた病人や怪我人が何人かいるとのこと。

こうした人たちは、医学的な疾患だけではとうてい説明がつかない状態-不可知の存在に憑依された状態-になっていることが多いと言うのです。(この後の記述は「有料メルマガ」に記載されているようです)

ーー引用はここまでーー



上記の記事は有料メルマガとして書かれたものですので、この後の本文はそちらに申し込んで読むしかありません。

ですが、上記の内容だけでも実に多くのことを考えさせてくれます。これまで西洋医学というと肉体だけを相手にして、肉体上に現れる症状のみに対処することしかしてきませんでした。

ですが近年、東大病院の医師達でさえ、人間の生死には肉体だけを相手にしていては分からないことが多い、ということを認識する医師達が出て来ているようです。

上記の救急救命医の話もそうですが、その他でも、病気の原因に関して肉体的な理由だけでなく、心の在り方に問題があることを表明する医師達も増えているようです。

 

日々の地球の波動の高まり(こういうことを言っても頭から否定する方も多いのですが・・・)によって、人々の意識も変わってきていることの証かもしれません。

数十年前に、私が東大病院に入院されていた年配の方に頼まれて指圧を行った時の東大病院の医師達の態度に比べて、最近の医師達の意識変化は素晴らしいと思います。

昔、私が東大病院の病棟で知人の方の指圧をしたときに、医師達は指圧の専門家が患者の治療をしてもらっては困ると、私の治療を中止させる挙に出たのです。

患者さんは指圧を受けたかったにも拘わらず、もし指圧を受けて症状が変わったら(良くなっても悪くなっても)自分達で責任が持てない、と考えたのではないかと思います。

何ごとにも権威主義が罷り通っていた当時の東大病院ですから、そうした対応も当然だったかも知れませんが、患者が喜ぶことよりも、自分達の立場を優先する姿にガッカリしたものです。言えば、驕り高ぶりの極といっても過言ではありません。





ところで、上記で言われている「憑依現象」ですが、これは目に見えない世界(霊界)のことや霊波・念波のことを理解しないと、正しく判断することは出来ません。

簡単に言えば、この世の人の肉体に取り憑く霊というのは、「恨みの念」が強烈だということです。先の世で理不尽な仕打ちを受けて、恨みの念を持ったまま肉体の死を迎えた者の中には、死しても尚、その恨みの念を持ち続け、何とか恨みを晴らしたいと考えている者達がいます。

で、今生でその恨みを晴らす対象である方が生まれ替わっているのを察知して、霊界から抜け出して、その人に憑依したりすることがあるわけです。

とは言え、ことはそれほど簡単ではありません。幾ら、その人間が恨みを晴らそうとやっきになっていても、その対象となった方が今生で、心を洗い、正しい生き方をしていれば、波長が合いませんから、恨みを晴らす機会を得ることはできません。

ですから、誰かに憑依されるということは、自分自身も憑依霊と同等の低い波動を持っているからだと言えます。これを「波長同調性の法則」と呼んでいます。または、類は類を呼ぶとも言えます。

勿論、霊界で修行をしなければならない霊魂が恨みを晴らそうとして、今生の人に取り憑くことは宇宙の法則に反しています。

本当は、あってはならないことです。そのようなことをする霊魂は折角の進化の過程を無にしてしまうことにもなり兼ねません。しかし、それ程までして今生の人に取り憑くということは、それだけ「恨みの念」が強烈であるということです。

私たちは、このことを良く理解して、決して恨みの念を持たないように十分に気を付けねばなりません。


ところで、いわゆる原因不明の難病や統合性失調症などの症状の多くは、こうした「霊障」に関係していることが多いものです。そのために、幾ら西洋医学的な薬を投与したり治療しても効果が上がらないことになります。

上記の記事の中で、「ここのところ立て続けに痛ましい事故が起こってしまいました」と言われているのは、いわゆるストーカー殺人事件のことだと思います。

マスコミにしてもその筋の専門家にしても、何故このような事件が多発するのかについては何も分かっていません。そのために、やたらと情緒的な報道をしたり、「二度とこうした不幸な事故が起こらないようにしなければならない」などと、毎度毎度、分かったらしいことを言ってお茶を濁しているに過ぎません。

これはストーカー事件の被害者の方を中傷したり、貶めたりするものではありませんので、最初に断っておきますが、こうした事件も先の世からの色情因縁などが拘わっているものと思います。

唯、問題は、殺人を犯した犯人と被害者の間での直接の因縁がある場合と、恨みを持った霊魂が今生で同様の低い波動を持って鬱々と暮らしている人間を使って、対象者に恨みを晴らそうとする場合があります。

どちらにしても、ストーカー殺人事件などの場合は事前に警察に相談していても、結局、悲惨な結末を迎えることが多いものです。基本的に警察は当てにはならないということです。

特に、このような目に見えない因縁が拘わるようなケースでは、仲々対処が難しいといいますか、それだけ恨んでいる者の念が強いと言わざるをえません。


世間では、未だにこの肉体の世だけが全てと考えている方が多い為に、こうした殺人事件の場合は、犯人だけが悪いと考えられがちです。

勿論、人を殺すなど、誰であっても許されるものではありません。犯人はそれだけの悪行を積んだ分、霊界や次の世でその報いを受けることになると思います。

一方、理不尽に命を奪われた方は、それによって先の世で作った自分の業・因縁を解消したことにもなるものと思います。ですから、その人の魂は、そうした亡くなり方をするのを分かっているケースが多いものと思います。

唯、色んなケースがありますから、このように単純には行かないとは思いますが、一つの例として頭に入れておいて下さい。

今後、益々、地球の波動が高まってきますと、霊界の存在も霊波・念波の在り方も段々と解明されてくるものと思います。そうなってくると、病気になる人々も減ってくる筈です。

「人間には本来、病気は無い」のが当然ですから、近い将来、病院も医者も居ない社会が構築されてくるのではないでしょうか。それが早まるかどうかは、私たち一人一人の意識転換に掛かっています。

今後の展開が楽しみな、今日この頃です。

 

 


<コラムのトップページに戻る>        <コロム(2)ページに戻る>

 

=>指圧治療の申し込みはこちらから!




東京都八王子市千人町3-10-5 メゾン・アトレ403
☎ 042-673-7815   shiatsuk@trade.gmobb.jp
このサイトはリンクフリーです。 Copyright(C) きむら指圧俱楽部 All Rights Reserved 
(Web管理者:きむらすすむ)